記事一覧

学生の家計簿 ~家計簿ソフトを使った家計管理<準備編>~

前回の記事で、私の家計簿に対するポリシーみたいなものを3つ述べました。

現在は、支出管理 (iPhone アプリケーション) をメモとして、
Let's家計簿 (Windows PCソフトウェア)を母艦として使用しています。

今回は家計簿ソフトを使った家計管理を行うため、
どのように設定しているか私なりにまとめていこうと思います。

Let's家計簿の設定
まずLet's家計簿に、
・普通預金口座や現金の残高
・固定収支
・費目
これらの情報をインプットしていきます。

普通預金口座・現金の残高
let家計簿4_compressed
特に説明は不要かと思いますが、
普段使用している口座および現金の残高を入力します。

固定収支
let家計簿2_compressed
毎月決まって入ってくる収入(手取収入)
毎月決まって口座から引き落とされるもの(家賃、保険、携帯電話、新聞代)
その他、毎月決まって払うもの(ネット代、光熱費)

上記のような簡単に減らせない項目は、Let's家計簿の自動記入機能をします。
青文字から赤文字を引いた額が家計簿上でやりくりするお金になります。

費目の設定
let家計簿1_compressed
費目は、なるべく少なくしたほうが続けられると思います。
また、収支外(画像参照)の費目のように、
任意の費目を月々の集計に含ませないように設定ができるのが、
Let's家計簿の素晴らしいところだと思います。
(何が素晴らしいかについては、次回説明します)

支出管理の設定

費目・予算の決定
IMG_0620.png
Let's家計簿で決めた費目のうち、
「食費」~「その他」をやりくりするお金にしたので、
費目の登録とそれらの予算を決めていきます。
初めて家計簿をつけるときなど、
予算などが分からない場合は費目のみを登録して、
来月から予算を決めるのも良いと思います。

IMG_0621.png
iPhoneさえあれば、
リアルタイムなお金の流れを知ることができる点が、
このアプリの素晴らしいところだと思います。


次回は、実際に家計簿をつける際の注意点やコツ、
ソフトの使い分け方などをまとめていきたいと思います。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

FC2カウンター

プロフィール

5301

Author:5301
バイク:ST250 Sカスタム(2006年5月~)
走行距離:18,500km (+0km)
まだまだ所有し続けます。

クルマ:カローラルミオン(2011年3月~)
走行距離:90,000km (+3,000km)
7年目の車検は通しますが、13年or20万キロまで乗りつぶすか、買い替えかで悩んでいます。

(最終更新日:2017/09/03)
(前回更新日:2017/07/30)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Youtube