記事一覧

読書 「続ける技術」

●本書を読んだ目的
一日の終わりに、本当にやりたいことが出来なかったのではなく、
他の誘惑に負けてしまって、結果的にやりたかったことの時間が無くなってしまったことがよくある。
なぜ、誘惑に負けてしまうのか、参考になればと思い読んだ。

新版「続ける」技術 (Forest2545Shinsyo 41) (フォレスト2545新書)新版「続ける」技術 (Forest2545Shinsyo 41) (フォレスト2545新書)
(2011/07/08)
石田淳

商品詳細を見る


▲概要
・行動には「不足行動(やりたいこと)…ハードルがある」と「過剰行動(やめたいこと)…ハードルがない」がある。
・行動は精神論では防げない。行動するため(やめるため)の仕組みづくりが大切。
・実現したい目標を実現するための「ターゲット行動」を決める。

→目標は本意に沿ったものがよく、数字などを入れると計画が立てやすい。
 (ex. 結婚式で着るスーツを買うために、2014年12月までに10kg減らす など)
・「ターゲット行動」が不足行動であれば、ライバル行動(ターゲット行動と相反する行動)を減らす。
・「ターゲット行動」が過剰行動であれば、ライバル行動を増やす。
・行動に対して、小さな目標を設定することでモチベーションが維持される。

 (ex. 禁煙20日達成したら、豪華な外食にするなど)
・日々の行動を視覚化して、達成度を分かりやすくする
 (ex. ダイエットの体重変化をグラフ化するなど)
・結果(体重が5kg減った)だけでなく、プロセス(ジョギングを毎日2km実施した)を
 見返すこともモチベーションアップにつながる

■感想
自分の心に言い聞かせたり、ブログなどを読んでモチベーションを高めるといった、
やる気を出す努力をするだけではなく、
どうやったら『不足行動』を増やし、『過剰行動』を減らせるか
システムを考えることが、続けるため技術になることを知った。

行動の仕組み作りを考えるって面白そうだな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

5301

Author:5301
バイク:ST250 Sカスタム(2006年5月~)
走行距離:18,500km (+0km)
まだまだ所有し続けます。

クルマ:カローラルミオン(2011年3月~)
走行距離:90,000km (+3,000km)
7年目の車検は通しますが、13年or20万キロまで乗りつぶすか、買い替えかで悩んでいます。

(最終更新日:2017/09/03)
(前回更新日:2017/07/30)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Youtube