記事一覧

車載マウント Delkiin Fat Gecko mini

■購入のきっかけ
これまで、100均の滑り止めシートの上に卓上三脚に取り付けたiPhoneSEを利用して車載動画撮影をしていましたが、「安定性に欠ける」「DSC-RX100M5を購入」を理由に専用品を購入することにしました。

「長く使えるものが欲しかった」ので、Delkinのラインナップから選ぶことにしました。

「フロントウィンドウやボディへの取付は考えていない」「GoProHD付属の吸盤マウントが吸盤1個であった」ことから、「Delkin Fat Gecko mini」を選択しました。



■撮影サンプル

ベースマウントの影響(※追記参照)も相まって、
大きなギャップを乗り越えたときの振動は吸収できないですが、私個人的に問題ないレベルです。
アクションカメラ・ビデオカメラなどの強力な手ぶれ補正を搭載した機種であれば、さらに快適に使用できるでしょう。

■取付方法
Resized_DSC01059.jpg

Resized_DSC01058.jpg
マウントの吸盤がゲル状ではないため、別途ベースマウントを購入しました。
ベースマウントは、直射日光でカメラが壊れてしまっては困るので、
車のサンバイザーでカメラを保護することができる位置に張り付けています。
防振対策のつもりで両面テープと吸盤固定部の隙間にクッションを入れています。

Resized_DSC01060.jpg
運転席目線での写真になります。
スマホ用の車載スタンドも同じなのですが、
センターメーターの車はこの手のものを取付にくいです。

Resized_DSC01061.jpg
吸盤タイプのため、ウィンドウガラスなどに固定することもできます。
カメラ本代が逆さま状態で取付られるため、取り付ける機種によっては、
動画編集ソフトで後加工(映像の反転)が必要になります。
(DSC-RX100M5は、動画は自動反転して記録されないです)

■商品説明
1.付属品(全体)
Resized_DSC01047.jpg

2.付属品(詳細)
Resized_DSC01052.jpg
延長マウント
長さを150mmくらい延長することができます。
(走行時の揺れが増幅されそうなので使っていません)

Resized_DSC01054.jpg
ゴム製のОリング
カメラを雲台のネジに固定するときに利用。
(無くしそうなので使っていません)

Resized_DSC01053.jpg
クイックシュー用アタッチメント。
(対応品を持っていないため使っていません)

Resized_DSC01055.jpg
普通の六角レンチ
延長マウントを使うときに利用します。

3.マウント部の詳細
Resized_DSC01049.jpg
カメラの三脚アナに取り付けるネジが固定式のため、カメラもしくはマウントを
回転させながら取り付ける必要があります。

Resized_DSC01051.jpg
吸盤サイズは85~90mmといったところでしょう。
ボタンを押した後で、レバーを引き上げるタイプになります。

Resized_DSC01050.jpg
調整機構は「アーム」と「自由雲台」の2箇所になります。

Resized_IMG_2103.jpg
写真のようにカメラを縦方向へ調整できるため、
サイドウィンドウなどにも取り付けることができます。

面白かったら クリック お願いいたします。
■追記
別途購入した吸盤ベースが2部品構成しており、走行時の揺れを誘発しています。
凹凸部への貼り付けを考慮して本品を私は選びましたが、ダッシュボードに凹凸部などでなければ、一体型のベースマウントを購入されることをお勧めします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

5301

Author:5301
バイク:ST250 Sカスタム(2006年5月~)
走行距離:18,500km (+0km)
まだまだ所有し続けます。

クルマ:カローラルミオン(2011年3月~)
走行距離:90,000km (+3,000km)
7年目の車検は通しますが、13年or20万キロまで乗りつぶすか、買い替えかで悩んでいます。

(最終更新日:2017/09/03)
(前回更新日:2017/07/30)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Youtube